老人ホーム

老人ホームの職員の質の低下が心配です

人口に対してのお年寄りの割合が増していく度に、老人ホームの数が増して来ています。今は核家族化が進み、家族と一緒に自宅で老後を過ごすお年寄りが減って来ていますので、その代わりとして老人ホームが必要になっているのです。ですがこうも老人ホームの増加が急ピッチで進んでいくと、懸念材料と呼べるものが存在して来ます。



その一つが老人ホームで働く職員の、質の低下です。老人ホームの数が限られていれば、職員の質を維持する事も容易にできます。しかし急ピッチで老人ホームが増えて行けば、そこで働く職員の教育を徹底させることができず、質の高い職員の育成が出来ない恐れがあるのです。



老人ホームで働く職員は、一朝一夕に育成できるわけではありませんから、余りにも老人ホームの増加が早過ぎると、どうしても職員の質の低下を招きかねません。職員の質が低下すると、真っ先に老人ホームで暮らすお年寄りにしわ寄せが来ることになりますから、お年寄りの老後に暗い影を落としかねないのです。



ただでさえ少子化で老人ホームで働く若者の数が減っているのですから、職員の質の低下が急速に進む恐れがあります。職員の質の低下によって、お年寄りがケガをしたり不快な思いをしない様に、今すぐに対策を打つ必要があると思われます。